歯科医院といえば虫歯というイメージがあるのが一般的だと思いますが、実際に歯科医院で行える治療って何があるのか正確に知らない人がほとんどではないでしょうか。 虫歯の治療だけではない歯科医院の治療内容について見ていきましょう。 ここで歯科医院について知ることによってあなたが抱えていた悩みが解決できるかもしれません。

歯の黄ばみ?審美歯科でホワイトニング!

毎日きちんと歯磨きをしているという方は少なくありません。
それでも食事や飲み物に含まれているステインと呼ばれる色素汚れは、毎日普通に生活をしているだけでも歯のエナメル質に蓄積指定気どんどん着色汚れとなって歯の黄ばみの原因となります。
通常は過酸化尿素や過酸化水素などのホワイトニング成分が含まれた高い歯磨き粉などを利用してこまめにブラッシングをすることで、歯の黄ばみを防ぐことができます。

しかし歯並びが余りよくない場合や磨き残しがある方は歯と歯の隙間に色素沈着が起こる可能性が高いです。
コーヒーや紅茶、ワインなどを習慣的に飲んでいる場合はステイン汚れが歯に蓄積していきやすくなるので、歯が黄ばんでしまい見た目が悪くなってしまう危険があるのです。
歯の黄ばみは健康上は特に問題ないので、特に気にしないという方はそのまま放置しても問題はありません。
しかし美容に気を使っている方や、営業や接客業などの仕事をしている方は清潔感を維持することが重要になってきますので、きちんと審美歯科を利用してホワイトニング治療を受けることが重要になります。

歯の黄ばみを改善するためには、一般歯科でクリーニングを受けたり市販されている歯の消しゴムや過酸化尿素や過酸化水素が含まれているホワイトニング歯磨きなどを利用する方法があります。
自分でもある程度改善することができますが、時間がかかってしまったり素人が無理にケアを行うことで、歯に負担をかける危険が出てきます。
そのため安全に治療を行うためにも審美歯科でケアを行うことをおすすめします。
審美歯科で行われている治療は大きく分類して二種類あり、クリニックで治療を行うオフィスホワイトニングと自宅でケアを行うホームホワイトニングが選択できます。
オフィスホワイトニングは事前に黄ばみの気になる部位に漂白剤を塗り、漂白剤を塗った部分に特殊な光を照射させることで色素分解を行う治療方法です。

クリニックで治療を行うメリットは、短時間で自然な歯の白さを取り戻すことが出来る事でほぼ一回のケアで元の状態に整えることが出来るので、急いでケアを行いたいと思っている方におすすめです。
ホームホワイトニングは専用のマウスピースを作成し、自宅で長時間かけてマウスピースに漂白剤を塗った状態で装着しておくことで、クリニックに通うことなく自宅で手軽にホワイトニングが行えます。
ただマウスピースを作成する費用などがかかるため、オフィスホワイトニングに比べて高額になる特徴があります。