歯科医院といえば虫歯というイメージがあるのが一般的だと思いますが、実際に歯科医院で行える治療って何があるのか正確に知らない人がほとんどではないでしょうか。 虫歯の治療だけではない歯科医院の治療内容について見ていきましょう。 ここで歯科医院について知ることによってあなたが抱えていた悩みが解決できるかもしれません。

歯がない!歯医者でインプラントだ!

インプラント治療をすすめる歯科医

虫歯や歯周病、ケガなどで歯がなくなってしまった人は、入れ歯にすると言うイメージがありますが最近大変話題になっているインプラントを考えてみることをおすすめします。
入れ歯は、義歯を歯茎に装着する方法なので、食べ物の味が分かりにくくなったり、噛む力が歯茎からうまく歯に伝わらないために噛みにくかったりするというデメリットがあります。
インプラントはあごの骨に直接人工歯を埋め込み、歯を取り戻す方法なので、まるで自分の歯のように自然で、食べ物をおいしく食べることができるというメリットがあります。

また、インプラントは見た目が自然で口元が整うため、若々しく見えることも大きなメリットです。
歯周病などで歯の多くを失ってしまった場合、歯茎が痩せてしまったり、歯がないことで口元や頬が痩せて老けた印象になってしまっている人でも骨に直接人工歯を埋め込みすることで自分の歯と同じように歯を取り戻すことができるので頬や口元にはりがでて若々しい印象になります。
入れ歯のように取り外し式ではないので夜になると入れ歯を外すと急に老けて見えるということもありません。

最近では、入れ歯を使っていた人がインプラントに切り替えるということも多くなってきています。
以前はインプラントは大掛かりな手術が必要だったのですが、最近は技術が進み負担が少なくなってきているため失った歯の本数が多くても、歯の根にあたる部分が少なくして体に負担が少なく、自分の歯のようにしっかりとしたインプラントをすることができるようになってきました。
4本から6本の人工歯根を埋め込むことで総入れ歯の人でも自然な見た目と噛み心地を取り戻すことができるようになってきたので、失った歯の数が多い入れ歯の人の間でも話題になっているのです。

おいしく食べ物を食べることができるようになり、見た目も自然で若々しく見えるようになるインプラントは歯がない悩みがある人にとって、快適な食生活を送り、楽しく生活することができるようになる方法です。
施術後には、定期検診を受けてインプラントの状態を確認したり、メンテナンスをする必要がありますが、虫歯にならないので歯茎の状態を確認したり、人工歯のお手入れをしたりすることが目的です。
歯周病のリスクはあるので歯磨きを毎日する必要がありますが、自分の歯と同じように歯磨きで歯茎をマッサージするだけなので維持も簡単です。
カウンセリングを受けるとインプラントの施術内容や方法、料金などを聞くことができるのでカウンセリングを受けることから始めることをおすすめします。