歯科医院といえば虫歯というイメージがあるのが一般的だと思いますが、実際に歯科医院で行える治療って何があるのか正確に知らない人がほとんどではないでしょうか。 虫歯の治療だけではない歯科医院の治療内容について見ていきましょう。 ここで歯科医院について知ることによってあなたが抱えていた悩みが解決できるかもしれません。

子供の矯正歯科を考えるなら、まずは歯医者へ相談

子供の成長と共に気になるのが歯並びです。
歯並びが悪いと虫歯などの口内問題が起きやすくなります。
矯正は時期が早いほど費用も、本人の負担も少なく済む場合が多いので子供の時期に行うのが良いです。
歯の矯正を開始するにあたって、全ての歯が乳歯から永久歯に生え変わっていてからでも矯正は遅くはありませんが歯並びの状況では外科手術も必要になってくることがあります。
しかし、一部が乳歯段階であれば、顎の成長補正などで正しく永久歯が生えてくるためのスペース作りをすることが可能です。

また、やはり子供や女性は歯の矯正器具が見えてしまうことを不快に感じてしまいます。
そのような方のためにワイヤーを使わない方法もあります。
自分で取り外し・装着することができる、透明なマウスピース型の矯正器具です。

マウスピース型はあまり認知度がありませんが、食事中・歯磨き時は外すなど様々な使い方ができるので、ワイヤー型よりも歯を清潔に保つことができます。
あまり認知度がないということは目立たないということにもつながります。
しかし、ワイヤー型よりもお値段が上がってしまうのが問題点です。

どこで矯正をするかという問題では、矯正歯科より歯医者が良いです。
矯正歯科は矯正をメインで行っていますが、歯医者では虫歯治療もすることができるので、矯正終了後のアフターケアや、矯正中にできてしまった虫歯の治療、今後のかかりつけ医としても長く通うことができる歯医者が良いでしょう。

歯の矯正は失敗してしまうこともあります。
原因は様々ですが、例として必要のない抜歯・成長期に合わせていない無理な矯正などがありますが、その中で共通しているのが医師とのコミュニケーション不足です。
医師としっかりコミュニケーションをとれていないと、どの状態になるのが終了のタイミングなのか、患者と医師との間で違いが生まれ失敗の原因になってしまう場合があります。

決して安くはない治療費ですので失敗は避けたいものです。
費用が安いからといってあまり信頼が得られない歯医者での治療はおすすめできません。
中には矯正の必要のない場合もあります。
しっかり本人が納得ができ、信頼できる医師の元で適切な治療を行うことが重要です。

万が一、治療中に医師に不安感を覚えた場合に備えてのセカンドオピニオンを用意しておくことも大事なことです。
不安を感じてからセカンドオピニオンの医師に相談することで、不安が消えることや、別の治療法が見つかるかもしれません。